Tyson – Happy Update

かならず最後に愛は勝つ・・・。

今回ばかりは、心底、それを信じます。

先週、NYの捨て犬ピットブルのタイソンが、NY州からバーモント州への長旅の末、ようやく見つかった里親さんの元に到着するなり暴れて銃殺されかかり、夜中になんとか救い出されて、リハビリ施設に送られることになったと、ここのブログに書きました。

タイソンについての前回のブログ記事:Tyson (9/17/2016) 

プロの訓練士からリハビリ訓練を受けるためには3500ドルという大きなお金がかかるため、寄付を募っていることも告げ、資金集めのリンクを紹介しました。

あのブログ記事をポストして一夜明けた朝のこと—。

なんと、見も知らぬ一頭の捨て犬のために、地球の裏側から、たくさんの厚意のお金が届いていたというのです。

私のブログ記事を読んでくださり日本から優しさをシェアしてくれた方々が、幾人もいたのです。

レスキュー担当者のひとたちは、私がタイソンのことを日本語SNSで紹介したことを告げるまで、なぜ遠い日本から寄付が届いているのかまったく見当がつかず、「こ、これは、もしや、スパムか何かでは!」と疑っていた、というのです(笑)。

その時にフェースブックで受け取ったメッセージを、スクリーンショットで切り取ってきました。

TysonFBMessage1.png

ミーシャさん:「おーまいごっど!朝になったら沢山の寄付金が日本から届いていて、何がどうなって日本から支援が届いたのか、わたしたち、不思議に思っていたのよ。なんて優しい方々でしょう、ジーンとします。こんなにタイソンのことを愛してくれてありがとう❤❤❤」

ダナさん:「ステキ!ありがとう!」

メリッサさん:「ナイス!」

わたし:「そうだったのね、私もうれしいです、私のフォロワーさんたちの多くはワンコ好き、みんなタイソンに幸せになってもらいたいと願っているのよ。」

TysonFBMessage2.png

マリルナさん:「ミーシャとタイソンを助けてくれてありがとう、私からもお礼を言わせてください。タイソンを運んでくれた上に、ブログ記事も書いてくれたのね。日本から寄付が集まりだしたのを見て、これはスパムに違いないと夜通し思っていたの。あなたのお友達からこんなに多くのサポートをもらえて感激しています。どれほど私たちが感謝しているか、みなさんに知ってもらいたい❤」

わたし:「お役に立ててうれしい。タイソンは良い子でしたから、あの子が新しい飼い主に噛みつこうとしたと聞いて信じられなかったし、すごく悲しかった。でもタイソンにはきっと愛してくれるご家族が見つかるはず。これからもサポートしますから、なにかできることがあればいつでも言ってね。」

そして、その後もアメリカ国内で集まる支援金に加え、日本からも寄付が届き続け、タイソン緊急支援基金は本日、目標額だった3600ドルをみごとに達成し、1週間で正式にクローズされました。

TysonFBMessage3.png
目標3600ドルに対し、3810ドルが集まった。

 

集まった資金は早速、バージニア州にある犬のリハビリ施設に送金され、これでタイソンは正式にトレーニングを受けられることになりました。

2016-09-25 04.00.10.jpg
送金時につけられたメッセージ:「タイソンをそちらのリハビリプログラムに迎え入れてくださりありがとうございます!タイソンは必ずや訓練をやりとげますよ!」

日本のみんなの優しさに感激したレスキュー関係者から、タイソン基金のアップデート欄に、

WE LOVE YOU JAPAN!! WOW!!

Your friends in NEW YORK love you all!!

という特別メッセージがついてました。

わたしからも、みなさんに、心の底から、お礼を申し上げたいです。

寄付をしてくださった方、ツイートをRTして拡散してくださった方、FBでシェアしてくださったかた、みなさん、タイソンのために、本当に本当にありがとうございました。

あの嵐のような夜のあと、タイソンは落ち着いていて、毎日ハッピーにしており、何の問題もその後報告されていません。

あの悪夢の大騒ぎは、いったい、なんだったのか・・・。

タイソンはまた命拾いをしましたよ。強運な子。

評判の高い訓練センターで、プロの訓練士から教えを受け、捨て犬だったタイソンは誰にも引けをとらない立派なワンコとなって、次こそは、きっと素敵なご家族に迎え入れてもらえる。そう確信しています。

今日のタイソンの写真です。Thank you all for helping me! 

2016-09-25 04.22.10.jpg

最後にもういちど。

ありがとう、チーム・ジャパン!

 

Advertisements

2 thoughts on “Tyson – Happy Update

  1. 良かったです。本当に、安心しました。
    動画でも写真でも、普通の飼い犬と変わらない人間への信頼と尊敬を示してくれるワンちゃんです。
    きっと今度こそいい飼い主に巡り合って、幸せになれると信じています。

    私が「スタッツ アリス」としてtwitterをしていた5年ほど前から、trinitynycさんは、日本のペット産業の問題点を訴えていらっしゃって、かつ積極的にボランティア活動をすることを御考えいらっしゃいましたね。実際にこうして広大なアメリカ大陸でドライバーとしてワンちゃんを運ばれたり、募金呼びかけをして下さって、本当にtrinitynycさんには頭が下がります。
     思えば、私がtrinitynycさんを知ったのは、ペット産業の問題点を啓蒙されていたことがきっかけだったような記憶があります。
     当時私はポメラニアンの雄を飼っておりました。彼もペットショップ出身ですが、いわくつきの子でした。
     一度、他の方に赤ちゃんの時購入されたのです。しかし、夫婦で見解が合わなかったとかで、ペットショップに送り返されてきてしまいました。
     そのまま買い手がつかず、まだ一年過ぎていないものの、大きくなってきてしまっていました。それで半値でいいからと言われて、うちに来ることになったのです。その時から、私も、生体販売の今のあり方などには疑問がありました。
     イギリスでは生体販売を禁止していて、民間の団体の審査を経て犬を飼育することができるときいていました。日本もそうすればよいのにと当時から考えていました。無論、心あるペットショップも多く、私が彼を購入したところもそうですが。

    日本でも少しづつ殺処分を問題にする風潮が広がってきているようです。
     やはり、私が「スタッツ アリス」としてtwitterをしていた時にも、殺処分されないようにワンちゃんを引き取って、アニマルセラピーのワンちゃんに訓練したりという活動はありました。今では殺処分されそうなワンちゃんやニャンちゃんをWEBで知らせて飼い主を募集したりという活動も増えています。
     この間立川に買い物に行った時には、殺処分されそうなニャンちゃんを引き取ってネコカフェを作る活動の団体が募金をしていました。僅かながら資金を提供させていただきました。その方に、よろしかったら、ニャンちゃんを飼ってもらえないかと頼まれたのですが、申し訳ないが、今4匹の捨て猫を拾って育てていて、猫をこれ以上飼育するのは難しい旨を伝えました。
     飼育する限りは責任がありますから、手間暇資金をきちんと投入できる範囲にしなくてはなりません。
     そうでないと、かつてtrinitynycさんのおっしゃっていたアニマルホルダーですからね。それでは勝手な自己満足で決してワンちゃんやニャンちゃんのためにはなりません。
     そういったことは子育てや介護と同じで、自分で責任をもって面倒見れると自信をもって断言できる範囲にしておく義務があります。
     その方は、私が今飼育している猫の話を聞いて、とても喜んでくださって、同時に生まれた姉妹で引き取ったというと、それが一番いいとおっしゃていました。
     とても誠意を感じる方でした。その活動がうまくいくことを願っております。

     こういうことに対しても、政治が動いてくれるとありがたいですね。ペット産業の営業時間に関しては規制ができたようですが。それはありがたいですが、もう少し踏み込んでもらいたい気持ちもあります。

     ところで、話は変わるのですが、個人的なことになりますが、今私は趣味で文芸小説を執筆しております。Amazonで電子書籍として出版しようかと考えております。それをもし、御迷惑でなければ、trinitynycさんにプレゼントさせていただきたいのです。
     全五巻の予定です。プロットを元に下書きを書くのは終わっています。ただそれを元に話の肉付けをして整えるのは、まだ一巻目までしか終わっておりません。何分、趣味として隙間時間を見つけながらぽつぽつと執筆しているので、最終巻を提供できるのはいつになるのかは不明です。
     ただ、一巻は後はよく見直して気が付いたところを修正していくだけなので、おそらく来月には発売できるのではないかと考えております。
     娯楽性のないシリアスな話ですので、送らせていただいても、無理にお読みいただく必要はございません。無論、迷惑でしたら、提供そのものを拒絶されて結構ですので。

     またもや長くなってしまって、申し訳ありません。
     乱文乱筆、御容赦下さい。

    Like

  2.  何度も申し訳ありません。
     trinitynycさんがtwitterで教えてくださった、普通に人間に飼われているピットブルまで殺処分になりかねないような条例に、震撼としました。
     犬の行動には必ず理由があります。犬が飼い主に従順なのも、人間を襲うのも、すべて元をただせば人間の犬に対する態度によるものです。
     このような不条理な条例は、納得がいきません。
     二つとも反対の署名をいたしました。
     取り急ぎご報告まで。

    Like

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s