Free Willyと最後のシャチの赤ちゃん

ハリウッド映画『Free Willy』は、水族館に囚われの身でいたシャチのウィリーと心を通わせ合った少年が、ウィリーを自然の大海に戻そうと奮闘する物語。
Free Willy.jpg

この映画でウィリーの役をやったシャチは、実際はKeikoという名で、ノルウェー沖で捕獲されたあと22年間も水族館の水槽で過ごし、水族館を訪れる客たちに曲芸を披露するスターだった。

映画『Free Willy』の大成功により、Keikoも(映画のように)自然の大海の仲間のところに戻してあげたいという愛護運動がアメリカで巻き起こる。資金も集まり、「Keiko自然復帰プロジェクト」が現実に稼働を始めた。

しかし、ハリウッド映画の作り話のように話が進むはずもなく、結局、Keikoを自然界に返すため総額$20ミリオン(20億円以上)をかけたものの、Keikoは人間のそばを離れることができず、人間と交流したがり、最期は体が弱って、数年後に北欧の村の海辺で村人たちに見守られながら息を引き取った。

人間の人間による人間のための「シャチ愛護プロジェクト」はこうして失敗に終わった。2003年のこと。

「Keiko自然界復帰プロジェクト失敗」の顛末は、こちらのNYタイムズのドキュメンタリービデオ(10分)に詳しいです。

https://static01.nyt.com/video/players/offsite/index.html?videoId=100000002441985

2013年、『Blackfish』というドキュメンタリー映画が発表された。

こちらは、フロリダ州の水族館Sea Worldで、訓練士の女性を水中に引きずり込んで溺死させたシャチのTilikumが主人公。

まだ赤ん坊だった頃に北欧の海で捕獲され人間界に連れてこられたTilikum。

彼は水族館でどんな生活を強いられてきたのか、訓練士3名を溺死させることになったのは、Tilikumが育ったシーワールドの生育環境に問題があったからではないのか、と問いかけ掘り下げた問題作だ。

大型哺乳類のシャチが、狭いコンクリート水槽に閉じ込められ、身動きできない様子を観たひとたちは、一様にショックを受けた。

アメリカでは、このドキュメンタリー映画が世論に強い影響を与え、「シャチを閉じ込めるな、海に戻せ」という声が愛護運動家からのみならず、一般市民の間からも盛り上がり、多くの署名が集まった。

この騒ぎにより、全米各地で大型水族館を経営するシーワールド・エンターテインメント社に対するネガティブなイメージが拡大し、入園者数は減少し、同社株価も下落。シーワールド社は結局、今後はシャチの捕獲や館内での繁殖を行わないと明言し、現在同社に所属するシャチの曲芸ショーも2019年までに順次廃止してゆく経営方針を固め、昨年発表した。

SeaWorld to phase out killer whale shows, captivity (USA Today, March 17, 2016)

次の動画は、シーワールドが「新たな未来」と題して全米のTV局でプロモに流したコマーシャル。

ナレーション「クジラを自然界に戻せという声がある。一部のひとたちにとっては、自然界に返すこと以外の選択は受けつけられないという。しかしシーワールドにいるシャチのほとんどが、シーワールドで産まれ育ったシャチたちです。無理やり自然界に戻そうとしても、Keikoの自然復帰で失敗したように、むしろ殺してしまうことになりかねないのです。でも時代は変わった。私たちも変わらなければならない。私たちは今後、館内でシャチの繁殖は行わないと決めました。曲芸ショーも順次廃止してゆきます。いまシーワールドにいるシャチたちには世界最高のケアを生涯施します。彼らが最後のジェネレーション。彼らのすばらしい姿をシーワールドに見に来てください。」

今年の1月、映画『Blackfish』の主役だったシャチのTilikumが、衰弱のうえ肺炎を起こし、館内で死亡したというニュースが伝わった。映画公開後からTilikumを自然に戻せという声は続いていたが、Keikoの前例があったためその選択は取られることはなく、Tilikumは水族館内で息を引き取り30余年の生涯を閉じた。

Tilikum, SeaWorld orca whale that killed trainer and inspired ‘Blackfish’ documentary, dies (New York Daily News, January 6, 2017)

そして昨日—。

シーワールドから生命誕生のニュースが流れた。

シーワールドに所属するシャチの一頭Takaraが赤ちゃんを無事出産したそうだ。Takaraはシーワールドが館内繁殖廃止を決定する前に妊娠していたため、Takaraが産んだこの赤ちゃんが同社の最後のシャチの赤ちゃんとなります。

産まれる瞬間の感動的な動画です。産まれた瞬間から母親の横にくっついて泳ぐ赤ちゃんシャチの姿、とても綺麗。訓練士の女性もこれで最後なのだと感極まった表情です。

「シーワールドの新たな未来」プロモーションビデオから:

“We also understand that time has changed.  Today people are concerned about the world’s largest animals like never before.  So we too must change. ”

「時代は変わったのだと我々は理解しています。ひとびとは世界最大級の動物のことをこれまでになく心配しています。だから、我々も、変わらなければならない。」

Advertisements

Tyson

9月12日の月曜日、マサチューセッツに住む友人のメリッサから、メッセージが入った。

木曜日にニューヨーク州Bedfordからバーモント州まで、犬を一頭運ばなければならないが、ルートの一部を私に運転してくれないか、という。

メリッサは捨て犬のレスキューに熱心な友人で、わたしが時間をみつけてはレスキューされた犬を方々に運んでいることを知っている。わたしがこれまで運転して運んだ犬の数は数えきれない。中には遠く南部や中西部で保護されて東海岸まで運ばれてくる犬を乗せることもあるし、ニューヨーク近辺で捕獲され殺処分を免れた野良犬を里親候補のところまで運ぶこともある。

メリッサが木曜日に運んで欲しいと言ってきた犬は、タイソン(Tyson)という名前の若いオスのピットブルだった。

捨てられた背景を調べてみると、タイソンはブロンクスに住む小さな子供のいる家庭の飼い犬だったが、その飼い主が家を追い出されたために世話をし続けることができないと言う理由で、今年の5月に飼い主みずから収容所に連れてきた犬だった。家賃が払えず追い出されたのかもしれないし、家族が犯罪で捕まったのかもしれない。詳しくはわからない。

 

タイソンが飼われていたのは、サウスブロンクスの中でも治安がよいとは言えないエリアだった。そういう地域では、違法闘犬ギャンブルの摘発も頻繁にあり、闘犬用としてピットブルを裏庭で繁殖したりしている者もいて、ニューヨークの動物収容所にやってくる犬の多くがゲットー出身のピットブルだ。ピットには犯罪や暴力と繋がる暗いイメージがまとわりついているせいもあって、ピットが里親候補を見つけるのは簡単ではない。イメージが悪いうえに捨てられたり行き場を失う数も多いから、NYの動物収容所は常時ピットで溢れていて、殺処分される数もピットはダントツで多い。

タイソンの場合もやはり里親がすぐには見つからず、数週間後、NYシティの動物収容所が公表する殺処分リストに名前が載った。そのリストに名前が載ると、24時間のうちに殺処分されるのだ。

ニューヨークシティでは、健康な若い犬でも、そうして、毎日のように殺されている。

タイソンは殺処分のため収容所の檻から出されていた最中に、あるレスキュー団体が引き取ると名乗り出て、危機一髪で救済された犬だった。

しかしその後、一時預かり(フォスター)でも引き取り手が現れず、タイソンはNY郊外の犬舎に入れられ、時間を過ごしていた。

そんなある日、タイソンにも幸運の女神が微笑み、引き取り手が現れた。バーモント州に住む夫婦が里親になると名乗り出たのだという。そのカップルにタイソンを届けるため、3人のボランティア・ドライバーが半日かけてニューヨーク州からバーモント州までタイソンを運ぶことになった。わたしはその3人のドライバーの一人になった。

タイソンが預けられていた犬舎に引き取りに行くと、そこにはタイソンのように、レスキューされ命拾いをしたものの引き取り手が現れない犬がほかにも大勢いて、ほとんどがピットだった。散歩に出してもらえてもごく短時間、それ以外のときはこちらの耳がおかしくなりそうなぐらいやかましい大勢の犬の吠え声に囲まれて狭い檻の中で過ごす。たとえ犬といえども、こんな環境でこころ休まるはずがないと思った。

犬舎の奥からハンドラーに連れられて出てきたタイソンは、数か月の犬舎生活に明らかに疲れた様子で、車のドアを開けると、喜び勇んで自分から私の車に飛び乗った。早くここを出よう、といいたげに。

タイソンは美しい犬だった。若いだけあり身体が締まって、顔つきも精悍で、薄茶のブリンドルの毛皮をまとい、申し分ない容姿。

Tyson0.jpg

持参したマフィンを分けてあげると、喜んで食べた。よほど疲れていたのか、久しぶりに静かで快適な場所にホッとしたのか、タイソンは道中ずっと大人しく、こんこんと眠り続けた。犬舎から2時間近くかけてコネチカット州のHartfordに到着し、次のドライバーにタイソンを渡したときも、自分から大人しく降りて、次の車に自分から入り、何の問題もなかった。別れ際にマフィンの残りをあげて、「よかったね、こんどこそ幸せになるんだよ・・・」と言いながら頭と頬を撫でてあげると、じっとこちらを見て、わたしの手に耳を擦りつけてきた。

Tyson1.jpg
最後にこんな静かな場所で寝たのはいつなのか・・・こんこんと眠るタイソン

ハートフォードからの帰り道はちょうどラッシュアワーにぶつかり、渋滞する自動車道の上から、全米保険業界のメッカとして知られるハートフォードの高層オフィスビル群を眺めながらタイソンを無事届けたことに安堵して、ふたたび2時間以上かけて自宅に戻った。

自宅でのんびりしていたのも束の間、深夜メリッサたちからふたたびメッセージが届いた。

新しい飼い主の家で、タイソンがいうことをきかず、唸り声をあげて暴れ、里親はすっかり怖がってしまい、こんな犬は飼えない、すぐにでも引き取れと言われたというのだ。里親は完全にパニックを起こしていて、今夜中に引き取らないなら、こんな危ない犬は射殺するとまで言い放ったという。

数時間前、わたしの手に優しく耳を擦りつけてきた、あのタイソンが・・・信じられない気持ちだった。何ヶ月も預けられていたあの犬舎にタイソンをまた押し込めるのは、かわいそうすぎる。あのやかましい犬舎を出たあと、静かな車内で安心して眠り続けたタイソンの姿を思い出し、殺処分を逃れたのにこんどは新しい飼い主が射殺すると喚いていると聞き、可哀想で涙が出た。

とりあえず、パニックして騒いでいる里親のもとからタイソンを別の場所に移動させなければならない。すでに夜11時を回っていたが、現地のボランティアの協力を得て、犬の訓練士にも来てもらい、興奮しているタイソンを引き出すのに成功した。

飼い主の家に着いたのち、タイソンと飼い主の間に、いったいなにが起こったのだろう・・・。何がトリガーになってタイソンを興奮させたのか・・・。

そして、今日—。

タイソンは一時預かりを申し出てくれた現地のボランティアの家にいる。大人しく、何の問題もみせず、落ち着いているという。

Tyson2.jpg
バーモント州のボランティア宅で落ち着いている今朝のタイソン

わたしは、タイソンをNY郊外のあの犬舎に戻すのは気が引ける、もし何かタイソンに問題があるのなら、あそこの環境はタイソンのコンディションを悪化させるだけだと感じるから、どこかもっと違う落ち着いた場所で訓練を受けさせてあげてほしいと、レスキュー団体のひとにお願いした。

団体のひとたちも同じ考えだったらしく、バージニア州にある犬のリハビリ施設にタイソンを送り、そこで人間に対して唸り声を挙げたりするビヘイビアを矯正する訓練を受けさせようということになりました。その費用に3500ドルかかります。

タイソンのために募金ページが立ち上がり、現時点で1000ドル近くが寄付で集まっています。

ここ↓↓がそのページです。たとえ1ドルの寄付でも助けになります。こういう犬がいるんだよ、ということを広めてくれるだけでも、うれしいです。

Tyson’s Emergency Funding for Rehab & Training

こころを許したひとたちに甘えるタイソンは、どこにでもいるやさしい犬の顔をしています。

タイソンはかつて、4歳の子供がいる家庭の「ペット」でした。人間の勝手で捨てられ、悪環境に何ヶ月も置かれ、犬といえどもこころが折れて、混乱しているのでしょう。

自分がこの子を運んだのも、何かの縁—。

相性のいい、やさしいご家族に巡り合えるよう、タイソンを応援したいです。



(タイソンのその後のアップデートはこちらの記事↓↓をごらんください。)

Tyson – Happy Update (2016.09.24)